湘南エリアのインプラント名医ガイド » インプラントの基礎知識 » 他の治療との違い

他の治療との違い

他の治療法や差し歯との違いについて解説しています。

他の治療法と比較したインプラントの長所と短所

長所

自分の歯と同じような感覚で噛むことができるので食べ物の味や感触がよくわかり、見た目もキレイに仕上がります。インプラントは顎の骨に力を加えるため、顎骨が痩せるのを防ぐとも言われている治療です。

短所

手術が必要になるので、多少のリスクが伴います。

インプラントを埋入してから骨と結合するまで2~6ヵ月ほどかかるため、治療期間が長いです。また、全身疾患の方はインプラント治療が受けられない場合もあります。

インプラント(人工歯根)

インプラント治療の長所としてあげられるのは、義歯をしっかり固定できることです。顎の骨にインプラント体を埋入して完全に固定させるため、自分の歯と噛む力がほとんど変わりません。固い食べ物でも問題なく噛むことができます。また、入れ歯のように外れたりズレたりするといった心配も不要。「外れるかもしれない」といった不安から解放され、楽しく食事ができますよ。

インプラントの短所としては、治療期間が長いことがあげられます。インプラント体(金属製のネジのようなもの)を埋め込み、骨と完全に結合するまで2~6ヵ月必要。インプラントは健康保険が適用されない自費診療のため、入れ歯やブリッジに比べると治療費は高めです。また、人によってはインプラント治療が受けられない場合も。糖尿病・心臓病・腎不全など、病気の程度によっては手術を行うことで危険を伴う可能性があるため、治療が受けられないことがあります。

インプラントと差し歯の違い

一般的に差し歯と言われているのは、歯の中に人工の歯がついた金属の土台を埋め込むもの。インプラントの場合は金属製の器具を骨の中に埋め込むのに対し、差し歯は歯の根の部分に金属やプラスチックでできた土台を入れて被せものをします。

差し歯の処置方法は、歯の上の部分だけがなくなった場合のみ可能です。「歯を抜いた部分に差し歯を入れたい」という人がいますが、差し歯は歯の根が残っている状態が大前提。残っている歯の一部に差し込むので、「差し歯」と言うのです。つまり、歯そのものがすべて抜けてしまったら差し込む部分がないため、差し歯にすることはできません。歯を抜いたところは1ヵ月ほど経過すると穴がなくなり、歯茎だけとなります。そうなった場合はインプラント治療を行うといいでしょう。

インプラントは歯のない部分にインプラント体(金属製のネジのようなもの)を埋め込む治療。埋め込んだインプラント体に人工の歯をはめ込みます。骨にインプラント体を埋め込むため、歯が完全になくなっても治療が行えるのです。

また差し歯は公的医療保険が適用に対し、インプラントは自由診療になるといった違いもあります。

インプラントの名医がいる湘南エリアの歯科医院リスト

インプラントの名医がいる湘南エリアの歯科医院リスト
藤沢 藤沢市で探すインプラントの
クリニック・医院
茅ヶ崎 茅ヶ崎市で探すインプラントの
クリニック・医院
鎌倉 鎌倉エリアで探すインプラントの
クリニック・医院
逗子 逗子エリアで探すインプラントの
クリニック・医院
平塚 平塚エリアで探すインプラントの
クリニック・医院
インプラントにまつわる「お金」のこと

このページの上部へ ▲