湘南エリアのインプラント名医ガイド » インプラントの基礎知識 » 歯周病とインプラント

歯周病とインプラント

歯周病の方でも治療が可能なのかインプラント周囲炎について詳しく説明します

重度の歯周病でもインプラント治療は可能

重度の歯周病の方がインプラント治療を受ける場合、まずは歯周病を治す必要があります。歯周病の治療後にインプラント治療を開始することが推奨されているのです。

歯を失った状態でインプラント治療を受けるには足りない骨を移植する必要があるため、治療期間が長くなるので覚えておきましょう。

40歳以上の日本人の半分以上は、歯周病の可能性があると言われています。「歯周病だからインプラントは受けられないかも?」と治療をあきらめていた方は、歯科クリニックで一度相談してみるといいでしょう。

先に歯周病治療をしなければいけない理由

インプラントは細菌に弱い性質があります。歯周病の細菌が口腔内にいる状態でインプラント治療を行なっても、細菌によって骨とインプラントが結合する力が弱くなる可能性があるのです。インプラントは長期間の耐久性が特長なので、結合する力が弱まってしまっては治療の意味がありません。また、歯周病に冒されていると細菌がインプラントの周囲に感染して「インプラント周囲炎」という病気を発症してしまうおそれも。インプラント周囲炎が進行するとインプラントが抜けてしまいます。そのため、歯周病治療をしたあとにインプラント治療に取り組むことを推奨しているのです。

インプラント治療の技術は日々進化していますが、自分の歯に勝るものはありません。自分の歯を守りインプラントを長持ちさせるためにも、インプラント治療を受ける際は歯周病治療を先に行うようにしましょう。

インプラントが歯周病になった場合

インプラントは人工歯なので虫歯になることはありませんが、歯周病になる可能性はあります。インプラントは顎の骨に人工歯を埋め込むことで安定性を高める治療法です。もし歯周病になってしまうと顎の骨が溶かされてしまいます。歯周病によって骨が溶けていくと安定性を失い、最終的にインプラントが抜け落ちてしまうのです。つまり、歯周病はインプラントが抜け落ちる原因となります。

インプラント周囲炎と要因

インプラント周囲炎は、インプラントに起こる歯周病の症状と似た病気。治療せずに放置したままにすると歯茎の出血や膿ができ、インプラントの周囲の骨が溶けて抜け落ちてしまいます。症状に気付きにくく、歯周病よりも10~20倍の速さで進行するのが厄介なところです。

インプラント周囲炎の要因としてあげられるのが、細菌による感染です。また、喫煙や咬み合わせの調整をしないことで、インプラント周囲炎を発症する可能性があります。

インプラントの難点は、天然の歯に比べて口腔内のケアが難しいところです。インプラント周囲炎を防ぐには毎日の歯磨きが大切。1度すり減った歯を元に戻すのは困難で、歯と歯の間に隙間ができて食べ物がたまりやすくなります。天然の歯よりも汚れがたまりやすいのです。インプラント周囲炎を防いで口腔内の健康を維持するためにも、欠かさずに歯磨きをしましょう。

インプラントの名医がいる湘南エリアの歯科医院リスト

インプラントの名医がいる湘南エリアの歯科医院リスト
藤沢 藤沢市で探すインプラントの
クリニック・医院
茅ヶ崎 茅ヶ崎市で探すインプラントの
クリニック・医院
鎌倉 鎌倉エリアで探すインプラントの
クリニック・医院
逗子 逗子エリアで探すインプラントの
クリニック・医院
平塚 平塚エリアで探すインプラントの
クリニック・医院
インプラントにまつわる「お金」のこと

このページの上部へ ▲