湘南エリアのインプラント名医ガイド » インプラントの基礎知識 » インプラントの手術方法

インプラントの手術方法

インプラントの治療方法や、ドリルを使わないインプラント手術について説明しています。

多彩な手術法の中から希望や予算に応じて手術法を選びましょう

患者の骨や歯の状態によって、受けられるインプラント治療は決まってきます。希望する条件や、それぞれの治療法のメリット・デメリットをしっかり確認し、自分に合ったインプラント治療を受けることが大切です。

ここでは、インプラント治療の種類について解説。「1回法」と「2回法」をはじめ、最新の治療方法も紹介しています。

1回法手術と2回法手術

インプラントの手術には「1回法」と「2回法」という2種類の手術方法があります。

2回法

手術を2回行う方法です。インプラント手術を行なっているほとんどのクリニックが、2回法を採用しています。1回目の手術で歯茎を切開し、ドリルで顎の骨に穴をあけてインプラントを埋入。切開した歯茎を一度閉じ、骨とインプラントが結合するまで2~6ヵ月ほど期間をあけます。インプラントが安定したら2回目の手術を敢行。再び歯茎を切開してインプラントの頭部分を出し、インプラントと人工歯の結合部分となる「アバットメント」を装着します。最後にアバットメントに人工歯を取り付けたら治療完了です。

1回法

2回法とは違い、1回の手術でインプラントとアバットメントを装着する方法です。1回法にはインプラントとアバットメントが一体化したパーツを埋め込む「1ピース型」と、インプラントを埋め込んだあとにアバットメントを装着する「2ピース型」が主流。また、1回の手術で人工歯や仮歯をその日で取り付ける「即時負荷」という方法もあります。

2回法は2回手術を行うので体に負担はかかりますが、インプラントが定着してから人口歯を取り付けるため安定した治療が可能。一方1回法は1回で治療はできますが、骨が丈夫で硬いことが前提となるので誰でも受けられるわけではありません。

どちらの方法が良いのかは患者1人ひとりの歯の環境状態によるので、医師とよく相談して決めましょう。

補助手術とは?

補助手術とは、インプラントの土台となる骨を増やしたり厚くしたりする手術のことで、インプラントが定着しやすくするためのものです。人によってはインプラント治療を受ける前、あるいは手術時に補助手術が必要になる場合があります。

GBR(骨誘導再生法)

骨組織の再生を促し、インプラント治療に必要な骨を増やす手術です。インプラントを埋め込む部分の骨が足りない場合、ほかの部分から骨を移植して

「メンブレン」と言われる人工膜で覆い、骨の再生を促進させます。

サイナスリフト

上顎の骨の厚みが足りないときや歯が欠損している場合に行う手術です。上顎には上顎洞(サイナス)と言われる空洞があり、そこに骨を移植させることでインプラントに必要な骨の厚みを作り出します。

GTR(組織再生誘導)

歯周病で歯茎や歯槽骨などが壊れている場合に行い、歯周組織の再生を促す補助治療です。歯周病で冒された歯槽骨の表面を削ってメンブレンで覆い、環境を清潔に保ちます。

ソケットリフト

インプラントを埋め込むために骨に穴をあけた際、歯槽骨と上顎洞粘膜を持ち上げて骨移植を行う手術です。不足した骨の厚みを生み出します。

ボーングラフト

インプラントを入れる部分の骨が大幅に不足している場合、ほかの部位から骨を移植して補う方法です。人工の骨補填材を使用する場合もあります。

最新の手術方法

ここでは、最新の手術方法である「OAMインプラント」「抜歯即時埋入」「オールオンフォー」について紹介します。

OAMインプラント

OAMインプラントとは、名古屋市立大学医学部講師の大口弘医学博士によって考案された、ドリルを使わないインプラント治療です。これまでのインプラントだと骨幅が5ミリ以上ないと埋め込むのが難しく、違う部位から骨を移植して増やさなければいけませんでしたが、OAMインプラントの場合は必要なし。5ミリ以下の骨幅でもインプラントの埋入が可能です。

OAMインプラントはドリルを使わないため、骨を削るときの不快な音や振動を施術中に与えることがありません。従来のインプラントよりも快適に過ごせる安全性の高い治療です。

従来のインプラント治療では3本ぐらいのドリルで削り、インプラントを埋入する穴を作りあげるので最初のドリルで方向や角度が決まってしまいます。OAMインプラントなら0.5ミリの穴から2ミリずつ徐々に作っていくので、方向や角度を正確に決めることが可能です。骨を削らないので腫れや痛みはほとんどなく、歯茎の神経や血管を傷つける心配もありません。治りが早く、骨移植をする場合と比べて格段に治療期間が短くて済みます。ただし、骨が硬いとドリルよりも時間が掛かってしまうので、人によってはドリルを併用する場合も。あまりにも骨が硬いと、治療が受けられない可能性もあります。

抜歯即時埋入

抜歯即時埋入とは、抜歯をしたその日でインプラントを埋入する方法です。これまでは、抜歯した穴が治るまではインプラント治療を行うのが難しいとされていました。しかし近年では新しいインプラント製品や技術の向上により、抜歯したその日にインプラントを埋入できる技術が確立されたのです。手術も1回で済むようになり、治療期間が大幅に短縮されました。

オールオンフォー

インプラント治療のリーダーとして知られる、Dr.パウロ・マロによって開発された治療法です。従来のインプラント治療は1つの歯に1本のインプラントを埋め込んでいましたが、オールインフォー最低でも4本のインプラントを使用。たった1日で安定した歯が手に入ります。歯が1本も残っていない方や、骨移植が必要と診断された方などにおすすめの治療法です。

インプラントの名医がいる湘南エリアの歯科医院リスト

インプラントの名医がいる湘南エリアの歯科医院リスト
藤沢 藤沢市で探すインプラントの
クリニック・医院
茅ヶ崎 茅ヶ崎市で探すインプラントの
クリニック・医院
鎌倉 鎌倉エリアで探すインプラントの
クリニック・医院
逗子 逗子エリアで探すインプラントの
クリニック・医院
平塚 平塚エリアで探すインプラントの
クリニック・医院
インプラントにまつわる「お金」のこと

このページの上部へ ▲