湘南エリアのインプラント名医ガイド » 鎌倉エリアで探す!インプラント治療が受けられる歯科医院まとめ

鎌倉エリアで探す!インプラント治療が受けられる歯科医院まとめ

本カテゴリーでは、鎌倉エリアにてインプラント施術を受けられるクリニックを取り上げ、各院の治療対応範囲や料金目安、特色、利用者の評判などの情報を紹介していきたいと思います。

鎌倉エリアのインプラント治療の歯科、それぞれの特徴はいかに?

おさらぎ歯科

一般歯科から予防歯科、矯正歯科、さらには審美歯科までを手掛ける総合的歯科クリニックです。とりわけ大きなアピールポイントが、炭酸ガスを使用するCO2レーザー治療。虫歯や知覚過敏、歯周病などの治療に、痛みや出血を抑えた画期的な治療方法であるとし、同院の先進性がうかがえます。

インプラントにおいても、不可欠なCT撮影機はもちろん完備。その上で、データを基にインプラント治療をコンピューター上でシミュレーションするソフト「シンプラント」も配備。確実性や安全性をより高めることができるとしています。使用するインプラントはストローマン社製の「ITIインプラント」がメイン。実績面ではこれまでおよそ10年に及ぶ経験があり、年間150症例を手掛けています。

おさらぎ歯科の名医

大佛(おさらぎ)紫郎医師

大佛医師は、1985年に福岡県立九州歯科大学を卒業後、神戸大学歯科・口腔外科医局に入局。1987年に株式会社三井物産歯科室での勤務を経て、1993年におさらぎ歯科を開院しました。大佛医師の特徴は、カルフォルニア大学ロサンゼルス校とハーバード大学でインプラント治療と審美歯科の研修を修了していること。高いスキルと豊富な知識を兼ね備えている医師です。日本審美歯科学会と日本歯周病学会に所属し、常に最新の知識やスキルを身につけることに努めています。

[おさらぎ歯科の詳細はこちら]

田中歯科鎌倉

後述する稲村ヶ崎の老舗クリニック、田中歯科医院の分院になります。同院を率いる田中俊充院長は神奈川県歯科大学卒かつ鶴見大学歯学部口腔外科大学院卒、日本口腔インプラント学会会員という経歴の持ち主。稲村ヶ崎の本院で経験を重ねた後、本院を立ち上げたとのことです。もちろん現在でもグループ間での連携は密にしており、やはりインプラントドクターであるお母様、奥様なども互いに行き来しているのだとか。

ちなみにお祖父さまから続く歯科一家。インプラント以外の診療科目では、審美歯科、矯正歯科、予防歯科などもカバーしています。

治療面ではCT撮影機やコンピュータシミュレーションソフト、さらにはガイドサージェリーを備えており、歯茎の切開縫合なしで行う「フラップレス手術」に対応している点が大きなアピールポイントです。また歯科麻酔専門医による「静脈内鎮静法」も用意されています。

田中歯科鎌倉の名医

田中俊充医師

2002年に神奈川県歯科大学を卒業し、2003年から鶴見大学歯学部口腔外科(インプラント)科大学院に所属している田中医師。2007年に博士号を取得し医療法人社団道永会の田中歯科に勤務を経て、2014年10月に田中歯科鎌倉を開院しました。「どうすればよりよい治療ができるか」ということを考え、日々患者に向き合っているそうです。高度なインプラントや審美技術を身につける「東京SJCDセミナー 」のレギュラーコースを受講するほか、日本口腔インプラント学会会員として、日々新しい知識を学んでいます。

[田中歯科鎌倉の詳細はこちら]

大船駅北口歯科インプラントセンター

その院名の通りインプラントをメインとしたクリニックであると同時に、その他にも歯周病や口臭、金属アレルギー、審美歯科、ホワイトニングといった診療にも対応しています。インプラントに関しては、これまでの実績面を大きくアピールしており、2004年以来、年間400本前後の施術を手掛けているといいます。またインプラントに伴うGBR(骨造成)も年間150~200症例ほど手掛けており、得意としていることが見受けられます。

もうひとつ大きな特色としては、同院の杉山貴志院長はインプラントの学会活動も精力的に行なっており、インプラントのモニターを積極的に募集しているとのこと。

杉山院長は神奈川県歯科大学卒で、国際口腔インプラント学会認定医。インプラントのこれからの発展のために研究および臨床に協力するITIリサーチグループ認定医院にも選ばれています。決して安くはないインプラント治療が割安で受けられるのは、なかなか大きな魅力といえるでしょう。

大船駅北口歯科インプラントセンターの名医

杉山貴志医師

1993年神奈川歯科大学を卒業後、同大学歯周学講座に入局しました。1999年に日本歯周病学会専門医を取得後、同年に東京都で杉山歯科医院を開業。それから2005年に国際口腔インプラント学会認定医を取得して、2006年に大船駅北口歯科インプラントセンターを開業しています。インプラント治療を得意としており、実績も豊富。「痛くないインプラント」や「5年間長期保証」などに対応しており、インプラント初心者や痛みが苦手な人でも安心して受けられるような配慮をしてくれる医師です。

[大船駅北口歯科インプラントセンターの詳細こちら]

鎌倉大船歯科

横浜、湘南台、そして兵庫県姫路市といった地域で歯科を展開する医療法人社団徳誠会グループによって運営されるクリニックです。

グループ全体の強みとして、年間のべ5万人の患者が来院しており、またインプラントの年間症例数も1,100本以上としています。医療法人グループの一員として、鎌倉・大船エリアの頼れるクリニックでありたいとしています。なおインプラント以外にも、一般歯科、矯正歯科、小児歯科、審美歯科をトータルに手掛ける総合歯科でもあります。

インプラントに関しては、基本的にスウェーデンのノーベルバイオケア社製、ドイツのデンツプライ社製、アストラテック社製の世界TOP3メーカーを使用しているとのこと。また同院のドクターは、アストラテックインプラント公認インストラクターです。

鎌倉大船歯科の名医

森祐介医師

鎌倉大船歯科の院長・森医師は、広島大学歯学部を卒業後、国立国際医療研究センターに勤務。歯科口腔外科・救急科・麻酔科の経験を積みました。その後、国立生育医療研究センター小児歯科や東京都内の歯科クリニックを経て、現在鎌倉大船歯科に在籍しています。森医師の活動はクリニック内だけにとどまらず、グループの医療法人社団徳誠会の理事長や、厚生労働省の臨床指導医としても活躍しています。インプラントを中心に、さまざまな視点から一人ひとりの審美性を考えて治療をしてくれる医師です。

[鎌倉大船歯科の詳細はこちら]

田中歯科医院

稲村ヶ崎の老舗クリニックとして知られ、本カテゴリー内でもご紹介している鎌倉駅前の「田中歯科鎌倉」の本院になります。グループ全体の理事長でもある田中道子医師、院長の田中志歩医師が共に日本口腔インプラント学会会員で歯学博士。また田中歯科鎌倉とも行き来しあっており、ファミリーで一丸となって歯科治療にあたっているとのことです。依頼者の口コミや評判で、女性ドクターならではの繊細さや心配りなどが高く評価されています。

設備面ではCT撮影機はもちろん、コンピューターによるシミュレーションシステム「シンプラント」やノーベルガイドも完備。歯茎を切開せずに行うフラップレスインプラントの施術に対応。加えて歯科麻酔専門医による「静脈内鎮静法」にも対応。痛みに弱い方、治療への恐怖心の強い方にも安心して施術が受けられるとしています。

田中歯科医院の名医

田中道子医師

1973年に新潟大学歯学部を卒業した後、東京都にある同愛記念病院をはじめ、さまざまな病院に勤務。歯科医として経験を積み重ねて、1985年に田中歯科医院を開業しています。カウンセリングを重視するのが、田中医師のこだわり。症状や悩みをしっかりヒアリングし、十分に患者の事を知ったうえで治療を提案してくれます。治療もできるだけ患者の希望を優先してくれるので安心。歯周病学会・日本口腔インプラント学会・デンタルコンセプト21などの会員としても活動しています。

[田中歯科医院の詳細はこちら]

おおとの歯科

湘南モノレール 「西鎌倉駅」近くに所在。2004年開業と比較的新しいクリニックになります。大殿浩晃院長は神奈川県歯科大学卒で日本口腔インプラント学会会員ならびにITIメンバー。機能性や審美性など一点に特化するのではなく、口内全体がトータルに調和した治療を行うことを旨としています。

また口内の衛生面に重きを置いており、同院ではインプラントはもとより、一般歯科、小児歯科、矯正歯科、歯周病、審美歯科までをトータルに手掛けています。老若男女を問わず、地域の方々の頼れる歯医者の位置づけを目指している現状です。

インプラントを実施するクリニックだけあり、デジタルレントゲンなどの装備はもちろん完備。また診察台にはモニター装備もあつらえ、患者自身が歯の状態を確認できる方式となっています。またホームページ上ではインプラントのしくみや入れ歯との違い、メリット・デメリットの解説なども行われています。

おおとの歯科の名医

大殿浩晃医師

院長の大殿医師は、「すべての人々が協力し融合することで、初めて良い治療ができる」という考えを持っています。医師・スタッフだけが治療内容を把握するのではなく、患者も一緒に理解することを重要視している医師です。治療に関する疑問があれば納得するまで話をし、要望があればできる限り応えてくれます。そんな大殿医師は1997年に神奈川歯科卒業を卒業後、2005年に、おおとの歯科クリニックを開院しました。日本歯科医師会・日本口腔インプラント学会・日本歯科審美学会などに所属しています。

[おおとの歯科の詳細はこちら]

又吉歯科医院

又吉歯科医院は、充実した設備と高い技術を誇るクリニックです。骨造成を得意としているので、他のクリニックで治療を断られた方でもインプラント治療の相談が可能です。

院長の又吉先生は、アメリカでインプラントの研修を受けた幅広い知識を持つドクター。カウンセリングでは治療のメリット・デメリット、かかる費用や期間まで丁寧に説明してくれるので、安心して治療を受けられると評判です。

又吉歯科医院の名医

又吉勝男医師

理事長の又吉医師は1976年に又吉歯科医院を開業。ベテランの医師で、数多くのインプラントや歯周病治療を手掛けてきました。これまでの実績が評価され、神奈川県や鎌倉市から表彰を受けています。

このほか日本口腔外科学会・日本歯科学会・日本歯科医師会・神奈川県歯科医師会・鎌倉市歯科医師会などに所属。新しい知識やスキル習得に努めています。現在は神奈川大学付属横浜クリニックの非常勤講師として、若手医師育成にも力を入れている医師です。

[又吉歯科医院の詳細はこちら]

KAZUデンタルクリニック

インプラント治療・歯周病治療・矯正歯科治療など、総合的な歯科治療を行っているKAZUデンタルクリニック。インプラント治療では、はじめに院長が症例写真を見ながら治療についてメリット・デメリットを詳しく説明。

その後、インプラント専門医による説明を受けます。院長・専門医のダブルのカウンセリングにより不安がなくなり、安心して治療が受けられる歯科クリニックです。

KAZUデンタルクリニックの名医

長谷和彦医師

長谷医師は1992年に日本大学歯科部卒業後、岩崎歯科医院・厚誠会本厚木・西條歯科医院・オークヒルズ歯科で勤務。約10年間歯科医としての経験を積み、2007年にKAZUデンタルクリニックを開院しました。

「患者さんの信頼に応えるために、時間をかけて処置する」が長谷医師のモットー。時間をかけることで丁寧な治療ができ、より患者さんの満足度を高めるためだそうです。長谷医師は「一歯入魂」という言葉で、自身の診療スタンスを表現しています。

[KAZUデンタルクリニックの詳細はこちら]

西條歯科医院

インプラント治療をはじめ、審美歯科、矯正歯科など歯のトータルケアを行っている西條歯科医院。最新の歯科用CTを導入しており、インプラント治療にも応用しています。

3次元データにより、一般のレントゲンでは見えない部分が確認でき、正確な診断が可能。その安全性の高い治療が多くの患者に評価され、インプラント治療の実績は3,000本以上になります。

西條歯科医院の名医

加藤和久医師

2012年に神奈川歯科大学卒業後、神奈川県内の歯科医院で勤務。2017年10月に大船みんなの歯科クリニック(旧:西條歯科医院)で勤務しています。若い医師ということで、新しいスキルや知識が豊富。インプラント・ブリッジ・入れ歯が得意な治療法です。

加藤医師は、歯医者でよくある「怖い」「痛い」というイメージとは真逆。ネガティブな言葉は使わず、「こういう治療をすれば、良くなりますよ」とポジティブな言葉で「安心感」を与えてくれます。「歯医者が苦手」という人におすすめの歯科クリニックです。

[西條歯科医院の詳細はこちら]

グリーン歯科医院

グリーン歯科医院ではHA(ハイドロアパタイト)という成分を用いたインプラント治療を受けられます。通常のインプラント治療よりも治療時間が短くて施術回数も少ないため、費用を安く抑えられる治療方法です。

30年以上の実績を持つ藤林医師が院長を勤めており、患者のことを考えて1人ひとりに合う治療法を提案してくれますよ。

グリーン歯科医院の名医

藤林勉医師

グリーン歯科医院の院長・藤林医師は、「個人に合わせた治療」にこだわっています。中には、医師の理論や方法を押し付けて治療をする歯科クリニックが存在しますが、藤林医師は一人ひとりの患者の悩みや要望に合わせてベストな治療法を提案。

さらに治療回数やコストなども考えて、患者が納得した治療を行うのが特徴です。1981年に日本歯科大学歯学部を卒業後、鶴見歯科医院やレオデンタルクリニックで勤務。1986年4月にグリーン歯科医院を開業しています。

[グリーン歯科医院の詳細はこちら]

なまため歯科医院

なまため歯科医院は20年以上インプラント治療を行ってきた実績を持つクリニックです。時には1時間以上かけながら丁寧に診察を行い、患者に合った治療方針を提案。

日本口腔インプラント学会に所属している生天目医師が院長を務めており、自身とその家族がインプラント治療を体験して技術力と安全性の高さを証明しています。

なまため歯科医院の名医

生天目(なまため)亮医師

院長の生田目医師は、インプラント治療・矯正治療・入れ歯・義歯・歯周病治療・審美治療など幅広く治療に対応してくれます。患者の症状をきちんと聞いて、個々にもっとも適切な治療を心掛けている医師です。治療では患者がリラックスできるような対応を徹底しています。

生天目医師は、さまざまな学会や研究会に所属。日本口腔インプラント学会・噛み合わせと全身との関連を考える会・日本成人矯正歯科学会・日本非抜歯矯正研究会・日本顎咬合学会・日本一般臨床医矯正研究会などに所属しています。

[なまため歯科医院の詳細はこちら]

わたなべ歯科医院

おもてなしの歯科医院をモットーに掲げるわたなべ歯科医院。

患者さんが快適に治療を受けられるように、最新の医療機器を取りそろえて、待合室の設備を整えています。患者さんに自ら治療法を選択してもらうためのインフォームド・コンセントを大切にしているので、治療における説明がとても丁寧なクリニックです。

わたなべ歯科医院の名医

渡邉達也医師

1997年東京歯科大学卒業後、東京と神奈川にある歯科クリニックで勤務。2011年にわたなべクリニックを開院しました。渡邉医師は、「おもてなしの歯科医院」をモットーにクリニックを運営しています。

施術はインフォームドコンセントを徹底。患者が納得したうえで治療を行ないます。さらに落ち着いて過ごせるような雰囲気づくりにもこだわりを持っているのが特徴です。勉強熱心なのも渡邉医師の魅力。歯科医師のスキルや知識を高めるスタディーグループ「SJCD」のレギュラーコースとマスターコースを修了するなど、複数の資格を取得しています。

[わたなべ歯科医院の詳細はこちら]

手広デンタルクリニック

手広デンタルクリニックの院長は、インプラント手術における最新の技術を世界各国で学んでいるため、その実力は相当なものです。

手広デンタルクリニックでは、インプラント手術の保証期間は10年と長く設けられていています。その間行われる定期メンテナンスは、安定した状態を維持することを目的としていて、場合によっては再治療を施してくれるほどアフターフォローは手厚いです。

手広デンタルクリニックの名医

島村泰行医師

神奈川歯科大学を卒業後、東京や神奈川の勤務医を経て、口腔インプラントセンターで研修。インプラントの知識や技術を習得しました。それから神奈川歯科大学付属病院口腔外科を経て、2000年に、手広デンタルクリニックを開院しています。

島村医師はインプラントのみならず、一般歯科や小児歯科、禁煙指導なども行なっているのが特徴。歯に関することなら何でも相談できる歯科医師です。日本口腔インプラント学会・日本臨床歯周病学会・日本臨床抗老化学会・日本咀嚼学会などに所属しています。

[手広デンタルクリニックの詳細はこちら]

石田歯科クリニック

1987年に開院した石田歯科クリニックでは、インプラント治療・審美治療・オールセラミック修復を行っています。週に2~3回、年間100本前後の治療を実施。痛みの少ない即日使用できるインプラント手術を心がけ、高性能デジタルレントゲンを取り入れて骨の状態を細かくチェックをしています。

一人ひとりの症状に合わせた治療方法や費用を提案してくれるので、気になったことは何でも相談してみましょう。

石田歯科クリニックの名医

石田亮医師

石田亮医師は、石田歯科クリニックの院長。1984年に日本歯科大学を卒業して3年後に、石田歯科クリニックを開院しました。それから30年以上も続いている実績のある歯科クリニックで、インプラントやレーザー治療、審美治療に定評があります。インプラント治療では、インターネットで無料相談を受けることが可能。わざわざクリニックに足を運ばなくてもいいようにという配慮がうかがえます。

石田医師は、日本歯科医師会・日本口腔インプラント学会会員。AIA国際インプラント学会:DGZI Japans ectionの認定医でもあります。

[石田歯科クリニックの詳細はこちら]

インプラントの名医がいる湘南エリアの歯科医院リスト

インプラントの名医がいる湘南エリアの歯科医院リスト
藤沢 藤沢市で探すインプラントの
クリニック・医院
茅ヶ崎 茅ヶ崎市で探すインプラントの
クリニック・医院
鎌倉 鎌倉エリアで探すインプラントの
クリニック・医院
逗子 逗子エリアで探すインプラントの
クリニック・医院
平塚 平塚エリアで探すインプラントの
クリニック・医院
インプラントにまつわる「お金」のこと

このページの上部へ ▲