湘南エリアのインプラント名医ガイド » 優れたインプラント治療を行うクリニック・医院の選び方とは? » インプラント認定医とは?

インプラント認定医とは?

ここでは「インプラント認定医は一体どんな歯医者か」ということについて、詳しく解説。普通の歯科医との違いや、インプラント認定医の治療を受けるメリットをまとめています。「インプラント治療で失敗したくない」という人は必見です。

インプラント認定の特徴

「インプラント認定医」は、インプラントに関する知識や経験が一定基準以上ある医者を指します。日本口腔インプラント学会という団体に所属して、日々の研究や勉強を行ない学会で認められた医師だけに与えられる資格です。

認定医と認められるには、学会の在籍年数5年以上、インプラント手術の実績、筆記・口頭試験などトータル10項目以上の条件をクリアする必要があります。

「インプラント専門医」と呼ぶことがありますが、認定医と同じ意味。認定医は過去の呼び方で、現在は専門医と呼んでいるみたいです。

そしてインプラント指導医というものも存在しますが、これは認定医・専門医よりもレベルは上。学会の在籍年数10年以上、認定医になってから7年以上必要です。論文や手術実績の基準も、認定医より高く設定されています。

インプラント認定医のメリット

インプラントに関する知識量が豊富

日本口腔インプラント学会の認定医になるには、膨大な知識量と一定基準の治療経験が必要です。

それだけ厳しい基準をクリアして得た知識は、インプラント治療において役立ちます。

難しい試験を通過したインプラント認定医は、インプラントに関する知識が豊富。そのため、インプラント認定医とそうでない医師で、治療を受ける際の安心感や信頼感が変わってきます。

最新の治療を受けられる

インプラント認定医は更新制なので、その資格がずっと使えるという保証はありません。更新するためには、学会への出席や研究はもちろん、5年に1回、3症例分のインプラント手術レポートを提出する必要があります。怠ってしまうと、資格ははく奪されてしまうというのです。

インプラント認定医になっても常に学び続ける必要があるので、新しい知識やスキルを得ることが多くなります。

最新の治療は従来の治療法と比べて、痛みを減らしたり時間を短縮したりという期待ができます。

特殊な症例でも適切にアプローチ

自ら手術を行なった患者以外の症例は、勉強する機会がなければ知識を得る機会がほとんどありません。

インプラント認定医は、学会に出席して勉強を積み重ねているので、さまざまな症例について深い知識を持っています。

特殊なインプラント治療を担当することがあっても、適切な方法でアプローチしてくれるでしょう。

「インプラント認定医ではない歯科医に治療を断られた」という方は、インプラント認定医のいる歯科医院なら、治療を受けられるかもしれません。

知識面は保証!どんな疑問にも適切に答えてくれる

インプラント専門医は定期的に学会や勉強会に出席し、知識を増やし続けています。さらに5年に1度の更新制なので、学び続けられない医師は、認定医資格をはく奪されてしまいます。知識面は保証されているので、インプラント治療に関するさまざまな疑問に答えてくれるでしょう。

インプラント治療の医師選びは「インプラント認定医」が基準

インプラント治療を受けるために大切なのは「医師選び」。なぜならインプラント治療は、高度な技術が必要だからです。適当に医師を選ぶと、失敗するリスクが高くなります。「インプラント認定医」であるかどうかが、もっとも手っ取り早くて確実な医師選びの基準となると言えるでしょう。

一定基準より、高いレベルでインプラントの診断や治療を行なえるという証明になります。インプラント治療を受ける際は、インプラント認定医が在籍している歯医者を選ぶようにしましょう。

インプラントの名医がいる湘南エリアの歯科医院リスト

インプラントの名医がいる湘南エリアの歯科医院リスト
藤沢 藤沢市で探すインプラントの
クリニック・医院
茅ヶ崎 茅ヶ崎市で探すインプラントの
クリニック・医院
鎌倉 鎌倉エリアで探すインプラントの
クリニック・医院
逗子 逗子エリアで探すインプラントの
クリニック・医院
平塚 平塚エリアで探すインプラントの
クリニック・医院
インプラントにまつわる「お金」のこと

このページの上部へ ▲