湘南(藤沢、茅ケ崎など)のインプラント名医3選
湘南藤沢歯科インプラントセンター

滝澤聡明 理事長

料金:1本19万円~

インプラントの種類:10種類以上

ライオンインプラントセンター

鈴木仙一 理事長

料金:1本34万円~

インプラントの種類:2種類

高嶋歯科医院

高嶋芸樹 理事長

料金:1本38万円~

インプラントの種類:9種類

公開日: |更新日:

※このサイトでは、湘南エリア(藤沢、茅ヶ崎など)でインプラント治療を取り扱っているクリニックの「院長」を「名医」と定義しています。あくまでもサイト上の呼称であり、医師の実力を定義づけるものではありません。
湘南エリアのインプラント名医ガイド » インプラントの基礎知識 » インプラントの撤去

インプラントの撤去

せっかくインプラントを埋め込んでも、トラブルが生じると撤去しなければならないことがあります。撤去方法や撤去が必要になるケース・原因、撤去後の治療についてまとめました。

インプラントの撤去施術

インプラントの撤去とは

インプラント治療は、歯の欠損に対して行われる治療法の一つ。顎の骨に埋め込む人工歯根が「インプラント」です。部位や条件によっても異なりますが、インプラントは90%以上の確率で10〜15年は残存・機能します(※)。しかし、何らかのトラブルが生じたら、これよりも短い期間で撤去しなければならないケースもあるのです。

※参照元:【PDF】歯科インプラント治療のためのQ&A(https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/shika_hoken_jouhou/dl/01-02.pdf)

インプラントの撤去方法

インプラントを撤去するときは、顎の骨からインプラント本体を取り外して施術を行います。骨が減っていてインプラントが緩んでいるときには、骨を削らずに撤去することが可能です。一方、インプラントが骨にしっかりと結合しているときには、歯茎を切開して骨を削ってから撤去します。

保険適用になるケースとならないケース

インプラントの撤去施術は、保険適用になるケースとならないケースがあります。保険が適用されるのは、インプラント治療をしたクリニック以外のところで撤去するケースです。しかし、治療したクリニックで撤去施術も受けると、保険が適用されない可能性があります。

インプラントの撤去が必要な場合

下歯槽神経麻痺が生じている

インプラント治療のあとに、下顎のなかの「下歯槽神経」が麻痺することがあります。下唇や下顎の皮膚、口腔内粘膜、歯茎などに知覚異常が生じるというものです。発現率は0.13%~8.5%と幅がありますが(※)、どの程度軽微・一時的な症状が含まれているかによって異なっていると考えられます。麻痺が続き、原因がインプラントであることが明らかな場合には、インプラント撤去が必要かもしれません。

※参照元:【PDF】歯科インプラント治療のためのQ&A(https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/shika_hoken_jouhou/dl/01-02.pdf)

細菌感染が起きている

インプラントは歯茎を切開して埋め込むため、外科手術を伴う治療です。しかし、クリニックの衛生管理が整っていないと、手術後に細菌感染が起こることがあります。細菌感染による腫れや痛みが長く続いたり膿が出ていたりすると、インプラント撤去が必要となる場合もあります。こうした状況に陥った場合はクリニックに相談しましょう。

インプラント周囲炎が発現している

インプラントの周辺に汚れがついていて細菌が増殖すると、インプラント周囲炎が起きることがあります。あまり自覚症状がないので、症状に気がつきにくい点が問題です。症状が悪化して骨が減ってしまうと、インプラントの撤去が必要になることもあります。

インプラントが破損している

インプラントは、インプラント本体(人工歯根)と人工歯、それらを連結するアパットメント(支台部)から構成されています。上部の人工歯が破損した場合は、作り直せる可能性があります。しかし、顎に埋め込んだインプラント本体が破損したときには撤去する必要が生じる場合も。破損時にはクリニックに相談することをオススメします。

金属へのアレルギーが起きている

一般的にインプラントの材料になるチタンは、空気に触れるとすぐ表面に薄くて安定した酸化膜を作ります。この酸化膜にさえぎられるため、金属アレルギーを防ぎやすくなります。ただ、インプラント治療を受けた全員が金属アレルギーを起こさないとは限らないので、金属アレルギーが起きている場合にはインプラントの撤去が必要になるかもしれません。

インプラントの撤去が必要になる原因

インプラントの不具合

インプラントの撤去が必要になるのは、手術後の経過や身体の状態によって生じたインプラントの不具合が原因として考えられるでしょう。

インプラントが適切に埋め込まれていなかったり、ドリルによってオーバーヒートされたりすると、顎の骨にしっかり結合されないことがあります。手術直後に刺激の強いものを食べたり、歯ぎしりや激しい運動を行なったりすると、回復が遅れて定着が悪くなることも。

また、長期的にみると何らかの病気にかかった方がインプラントの不具合を訴えるケースが比較的多くなっています(※)。

※参照元:【PDF】20年以上経過したインプラント患者のアンケート調査(https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsoi/31/2/31_170/_pdf/-char/ja)

経年劣化とケア不足

経年劣化やケア不足も、インプラントの撤去が必要になる原因の一つです。

インプラントの治療を受けたあとに定期検診やメンテナンスをしていない人は、インプラント周辺のトラブルが発生しやすいとされています(※1)。日常生活におけるセルフケアや、クリニックでの定期受診をしていない場合には、劣化が早くなるかもしれません。加齢による身体機能の低下によっても、セルフケアが困難になることがあります(※2)。

※1 参照元:【PDF】歯科インプラント治療のためのQ&A(https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/shika_hoken_jouhou/dl/01-02.pdf)

※2 参照元:【PDF】20年以上経過したインプラント患者のアンケート調査(https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsoi/31/2/31_170/_pdf/-char/ja)

インプラントの撤去後の治療

インプラントを撤去したあと、再度インプラントを埋め込む場合には骨造成と歯肉再生、埋め込まない場合には入れ歯にするという治療法が考えられます。

骨造成

インプラントを撤去した部分は、骨が減ってしまっているケースがほとんどです。骨の量や厚みが十分でないまま再手術すると、インプラントが骨を突き抜けたり歯肉から露出してしまうことも。自然に骨が再生されないと想定されるときには、骨を増やす手術をしてから再度インプラントを埋め込みます。

歯肉再生

丈夫で健康な歯肉ではない部分にインプラントを再度埋め込むと、メンテナンスが困難になったり骨と結合しにくくなったりします。そのため、歯肉を再生する手術を行ってから、インプラント治療を受けることが必要です。

歯肉再生手術には、別の場所の歯肉を上皮組織ごと移植する方法や、上皮組織は移植せず内側の結合組織のみを移植する方法などがあります。

入れ歯

インプラント撤去後に骨造成の手術や歯肉再生の手術を受ける場合、保険適用外になり高額な治療費がかかります。インプラントの再治療も含めるとさらに高額となり、手術を受けられないこともあるでしょう。その場合は、歯を失った部分を入れ歯にすることが、主な治療法になります。

インプラントを撤去したあとは骨や歯肉が減ってしまっていることが多いため、歯茎に当たる部分にシリコーン製のクッションを加工した「コンフォート」や、大きく骨を失った方のための「顎義歯」などの特殊な入れ歯を使用する場合もあります。

インプラントとは、手術によって歯の無くなった所に人工の歯根を埋め込む治療法で自由診療です。インプラント治療の標準的な費用は1本あたり20~60万円(参照元:インプラントネット https://www.implant.ac/cost/)、期間については下顎2~3カ月、上顎は4~6カ月が平均だと言われています。(参照元:あんしんインプラント http://www.anshin-implant.jp/flow/)

症状やクリニックごとに費用・期間は変動しますので、一度クリニックへ問い合わせてみることをおすすめします。

インプラント治療のリスクとして、金属部品による金属アレルギーの恐れやインプラント周囲炎が考えられます。治療後のメンテナンスをおろそかにしていると、歯周病にかかる恐れもあります。

また、インプラント治療に関わる持病をお持ちの方だと、合併症を引き起こす可能性が高くなる恐れもありますので、不安な点のある方はクリニックへご相談ください。(参照元:口腔インプラント治療とリスクマネジネント2015 https://www.shika-implant.org/publication/dl/riskmanagement2015.pdf)

インプラントの
名医がいる
湘南エリアの
歯科医院リスト
藤沢 藤沢市で探すインプラントの
クリニック・医院
茅ヶ崎 茅ヶ崎市で探すインプラントの
クリニック・医院
鎌倉 鎌倉エリアで探すインプラントの
クリニック・医院
逗子 逗子エリアで探すインプラントの
クリニック・医院
平塚 平塚エリアで探すインプラントの
クリニック・医院
インプラントにまつわる
「お金」のこと
 
※このサイトでは、湘南エリア(藤沢、茅ヶ崎など)でインプラント治療を取り扱っているクリニックの「院長」を「名医」と定義しています。あくまでもサイト上の呼称であり、医師の実力を定義づけるものではありません。

このページの上部へ ▲